うちのトイプードルは落ち着きがない?子犬の頃に必要な対応

トイプードル全般的なことではないと思いますが、とにかくうちのは落ち着きがなく元気すぎます。

すぐにトイレも覚えましたし、お手やお座りと言ったこともすぐに覚えたので、頭が良いなと思っていたのですが、いまだにどこに連れていくにも暴れて暴れて困っています。

じっとしていられない、人が席を立とうものなら飛び起きて後をついて行きます。病院などでも診察際にジッとしていられず、診察台からダイブしてしまう始末です。

そんな落ち着きのなさを少しでもましにするのには、とにかく「待て」を徹底的に教え込むことでした。待っていれば必ず戻ってきてくれる、大人しくしていればほめてもらえるといったように、覚えさせることが大事です。

しつけは大変ですが、とにかくしつけるほうの根気強さが、その後のトイプードルの行儀がどうなるかを決定づけさせます。トイプードルはサーカス犬になるほどですから、比較的に頭が良く芸達者で、覚えも良いですし言うこともよく聞いてくれますので、興奮状態からまず落ち着かせてあげる事、安心感を与えてあげることが大変ですが大事なことです。

ご褒美はたくさんほめてあげる事、好奇心旺盛なのでものもたくさん壊しますが、いちいち腹を立てずに、しっかりと教えてあげることが大切です。

でも私の中で、この腹を立てないというのが一番難しかったです。

落ち着きのなさをしつけで解決するために。

こちらの方は「待て」をしっかりと教えることで、落ち着きのなさを解消しようとされています。

待てができない子犬には、まずそれから取り掛かるのも、悪くないです。

ただし、もっと根本的な原因が隠れています。

待てはできるのに、なにか落ち着きがない、言うことを聞いてくれるときと、聞いてくれないときがある。

そう感じることはありませんか?

もしそうであれば、落ち着きのなさは、犬とあなた(人間)との関係性構築が原因になっています。

簡単に言うと、「自分が騒いでもいいのは自分の方が偉いから」という状態になってしまっているんです。

でもそこで、いきなりしかりつけたり大声を出してはいけません。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*