ひどい人見知りと噛み癖

トイプードルを飼い始めました。多くのペットが子供のころから家族と過ごす場合が多いと思いますが、我が家のトイプードルは成犬になって我が家にやってきました。知り合いのお宅から譲ってもらったのですが、長い間、我が家に馴染めず、吠え癖と噛み癖が治りませんでした。どこで調べても、「小型犬は人見知りが激しい」とあり、良い解決策がないまま、過ごしていました。当時、幼かった弟は怖がってトイプードルに近づくこともしませんでした。家族にはもちろん、来客者に対しても常に吠え続け、はじめのうちは、専用の柵もなかったので、足元に行って噛みつくことも多々ありました。少しづつ、状態が良くなっていたのは、私に対する態度からでした。家族が怖がって(いくら小さいとはいえ、噛みつかれるととても痛いです)近づかないなか、私は毎日2回の餌やりを欠かさず行いました。そのうちに、徐々に、向こうから私のほうに近づいてくるようになりました。ここまで、3か月ほどかかりました。とても慎重な性格だったのかもしれません。また、小型犬でも散歩は必要だと聞いたので、週に3回ほど、リードをつけて外に散歩に連れて行きました。ある散歩のときに、疲れたのか道端に座り込み、動かなくなってしまいました。しょうがなく、抱きかかえると、いつもは「ウゥー…」とうなり声をあげるのに、まったくそんなことはなく、すんなりと抱きかかえることができました。このころから、徐々に家族にも心を開いていってくれたような気がします。臆病な小型犬だからこそ、安心できる存在だということを、しっかりと伝えていく必要があると感じました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*