トイプードルのお顔は犬というより・・・。

ウチには2頭のトイプードルがいます、トイプーは大変に利口です、ゴールデンレトリーバーなど賢いとされている犬種はしつけをする事で有能なパートナーとなりますがトイプードルはどちらかといえば「子ども」「幼児」です。

お顔をよくよく見れば犬というより少し「お猿さん」に似ている気がするのは私だけだと思いますが、それだけ知能が高い証拠ではないか?と考えています。

知能が高い犬のしつけにはそれなりに苦労があって良い事や習慣などすぐに覚えてしまいますからトイレの粗相などはあまり少ないと思います。けれど悪い習慣もすぐに身についてしまい、なかなか忘れてくれないから困ります。例えばお散歩などは時間通りに行きたがり譲りませんし、ご飯の時間や起床時間も厳守ですから、ウチのプードルは夏も冬も午前6時に私を起こしに来ます。
ですから寝る時間も決まっていて11時にもなれば寝ることを要求してきます。
とにかく子どもと同じで言い出したら聞かないところがあるのがトイプードルだと思います。

お出かけは絶対に一緒について行きたがるので「ワンワン」鳴いて催促するので困ります、吠えている時に車に乗せてしまった事が過去にあったようです。
吠えれば車に乗れると認識してしまい、どうにも治りません、賢いが為に一度付いた癖が全く修正が効きません。

あと、トイプードルはウオータードックの習性があるので毎晩、お風呂に入りたがってすごい力でお風呂のドアを叩くので困っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*