トイプードルと暮らすためのしつけ

■トイプードルと暮らすためのしつけ

トイプードルはとても可愛く人気のある犬種ですよね。これから飼いたいと思っている方もすでに一緒に暮らしている方もいると思いますが、トイプードルに限らず一緒に暮らすのであれば「しつけ」はとても大切になります。

 

いざ一緒に暮らしだすとしつけに関する悩みはいろいろと出てくると思います。可愛いという理由だけで一緒に暮らすことは出来ないのが現実なのです。飼い主には責任がありますので、一緒に暮らすのであればしつけをきちんと行う必要があります。そうは言ってもしつけの方法やり方を知らないと困りますよね。

 

しつけは最初が肝心ですから、事前にある程度の知識を持っておくことが大切です。必ず必要となるトイレトレーニング、ゲージに入れたときに興奮したときの対処法はどうしたら良いの?などいろいろと悩みはあると思いますが、快適に愛犬と暮らすためにはきちんとしつけするようにしましょう。

 

最初に覚えさせたいトイプードルのしつけは「お座り」「伏せ」「待て」の3つではないでしょうか。この3つは必ず覚えさせるようにしてください。トイプードルはとても賢い犬種なので、しつけはそれほど難しくありません。育て方でも大きな悩みというのはあまり聞くことはないです。基本的なしつけやトイレトレーニングなども飲み込みが早いことが多いので、それほど苦労しないと言えます。

 

数多くの犬種のなかでもとても従順な性格をしていますので、飼い主を威嚇して言うことを聞かないというようなこともあまりないと思います。ただ、賢すぎて相手を見て上手に立ち回っていうことを聞かないということもありますので、その際は出来るだけワガママを通させないようにすることが大切です。いくらトイプードルが可愛くても、ダメなものはダメと飼い主がきちんと意思を通さないと吠え癖がついてしまうことがあります。

 

トイプードルはさきほども言ったようにとても賢いですが、慎重すぎる性格の子も少なくありません。あまり慎重になりすぎると人間社会にうまく溶け込むことが出来ずストレスを抱えてしまうことになるので、子犬の頃から散歩などで社会に慣れさせて、穏やかに生活することが出来るように育ててあげましょう。いろいろな人と触れ合うことで社交性のある性格のトイプードルに育てることが出来るようになると思います。

 

飲み込みが早く飼い主に従順な性格ですから、きっちりと教えれば早いうちにいろいろなことを覚えてくれると思います。しつけも難しくはありませんが、なかなかうまくしつけが出来ないと困ってしまったらプロのしつけ教材を買うというのも良いと思います。教材通りにすべてがうまくいくわけではありませんが、いろいろな場面で役に立ってくれると思います。大好きな愛犬とお互いに暮らしやすい環境で生活していくためにはしつけはとても大切ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*