可愛い愛犬のためにしつけだけはしっかり行いたいものです。

しつけが上手くいかないとトイプードルも
ストレスをかかえることになります。

トイプードルがストレスをかかえるといろいろな面で
悪影響がでてきます。

気が荒くなったり、無駄吠えが多くなったり
他にもいろいろな症状を発症します。

トイプードルのストレスを解消してあげることができるのは
飼い主であるあなたしかいません。

つまり、飼い主が一番よく自分の愛犬の習性を
知っているからです。

ぜひ、あなたの愛犬のストレスを解消してあげましょう。
そうすればしつけもきちんとできるようになりますよ。

飼い主があせってしつけようとすれば
トイプードルは、飼い主の気持ちを察してしまいます。

ただ、むやみにおこってしつけようとしても
うまく言うことを効くようにはなりません。

トイプードルのしつけでは、しかってしつけるよりも
「おりこうさんだね」といって、ほめてしつけるほうが上手くいきます。

いろいろな状況で、ほめるしつけを心がけてください。

トイプードルに限りませんが、一般に
犬は褒められるのが大好きなのです。

ですから、飼い主がまずほめ上手になることが先決です。
さらにいえば、褒め言葉やほめる飼い主の態度でも違ってきます。

また、悪さをしたときも同様です。

たとえば、悪さをしたときは相手にしないというしつけなども有効です。
悪さをしたからといって、人間と違い怒られているという感情が少ないので、逆に相手にしてくれていると思ってしまうのがトイプードルの特性です。

相手にしないという飼い主の態度は、けっこうわかりやすいしつけ方のひとつです。

そのほか、無駄吠えや他の問題行動に対しては
飼い主がしっかりとしたしつけの方法を知っていて対応しないと
トイプードルの方でも戸惑ってしまいます。

飼い主が中途半端では、飼い主の方に問題があるということになります。

それだけ、トイプードルは飼い主の影響を受けやすい犬です。

あなたが、もししつけ方や飼い方が良く分からないなら
まずは、しつけ方や飼い方をしっかり身につけて
根気よく接してあげれば、きっとおりこうさんのワンちゃんになりますよ。

よく、アイコンタクトの仕方がわからないとか
どんな言葉でしつけたらよいかわからないという方がおられますが
そうしたしつけ方や飼い方全般について今から始めましょう。

トイプードルのしつけ方や問題行動を矯正する方法に関しては、
できるだけ早い時期に行った方が良いことは言うまでもありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*