無駄吠えの多い我が家のトイプードル

我が家では5歳になるトイプードルのオス(レッド)を飼っています。

飼い始めた時に、自分も妻も家を留守にする時間が長かったためか、人や物音に対して警戒心が強くなってしまい、インターホンの音にに反応して吠えたり、散歩中に人や犬に対して吠えたりと、とにかく無駄吠えが多かったので、まずはしつけ教室に通ううことにしました。

しつけ教室では、ハーフチョークの首輪を使用して、「イケナイ」ことを教えこむ方法を習い、散歩中だけでなく自宅の中でもリードを付けて、しつけ教室で習った方法を取り入れてしつけをしていました。そのしつけの効果を高めるために、短期間ですが、スパイクチェーンを使用して少し強めの刺激を与えたりもしました。
そうした効果があって、一時期は無駄吠えも収まったのですが、妻の妊娠・出産など忙しく過ごしていた時に、しつけを継続して行えなかったことから、徐々に無駄吠えをするようになってしまい今に至っています。

最初にお世話になったしつけ教室のドッグトレーナーも言っていましたが、しつけに終わりはなく、常に継続して行っていくことが最も大事であることを身をもって体験しました。

また、しつけを継続することでペットと飼い主の信頼関係が徐々に形成されてゆき、それが確たるものになれば、無駄吠えなども自然と無くなってゆくのだと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*